水虫爪の治療期間の平均値について、正しい治療を受けるとどれくらいで治る?

水虫爪の治療を始めてみたい方にとってはどれくらいの治療期間を要するものなのか気になる方も多いはず
やみくもに治療をして、一向に治らないのであれば、モチベーションもさがってしまいがちですよね?

 

 

水虫爪の治療は現在、どれくらいの範囲が爪水虫に感染しているのかによって違います
なぜなら、水虫爪の治療の効果は、あくまで新しく爪が生えてきたときに結果がわかるものだから
つまり、現在の爪が治っていくのではなく、次に生えてくるものが健全な爪になるというものだからです
一般的に爪が全部感染している場合には半年以上の時間がかかるともいわれています
長期間になってしまいがちですよね

 

一部であれば、3か月ほど、まーこれでも長いと感じる人も多いでしょう
もしあなたが爪水虫に感染をしていることが判明したのであれば、クリアネイルショットのように
爪水虫感染の凱善させてくれる方法を利用するのが間違いないでしょう。

 

ちなみに手の爪にも感染しがちですが、こちらのほうは爪が足よりも短いので平均2か月から3か月を
目安に考えてみてください

 

ただ、手の爪水虫は足の爪からの感染が多いのも知っておきましょう!
何事も常日頃から足の爪を清潔に保つことが大前提です。